屋久島へ行く

屋久島

う~ん。あまり屋久島の記事を書く気になれない。なぜなら。。。

当日は自宅~天王寺までタクシーで移動。天王寺~伊丹空港まで空港バスで移動。伊丹空港10:30発のJAL2453便で屋久島へ。1時間35分のフライトだ。

初のプロペラ機にワクワク。ジェット機の加速よりGを感じながらフワっと浮き上がる。上昇率も滑らかで上昇後はすぐに左旋回する。左眼下には昆陽池の日本列島が見える。機体はそのまま南へ西宮上空を通過し大阪湾へ出た。

しばらくすると左眼下には関空が見えてきた。この時思った。なんで進行方向左側の席をとったのか。右側だったらもしかしてこの天気なら石鎚山なども見えただろうに。徳島上空を過ぎた辺りからは左側では海しか見えない。

プロペラ機なので高度も低く6000m弱の高度で飛行。更に高高度で飛行機雲を発生させながら西から東へ向かう飛行機も見える。綺麗だぁ。

ずーっと海しか見えない。ふと通路を挟んで右側の小さな窓を見ると開聞岳が見えた。左眼下には久し振りに陸地が見えた。種子島だった。種子島の北から南まで縦断し途中で右旋回して屋久島へ着陸した。スムーズかつ滑らかなタッチダウン。強烈なGを感じながら機体はスピードを下げていく。

12:05 定刻通り屋久島に到着。天候は晴れ。高い山には雲がかかっていた。淀川登山口へ行くには空港前のバス停から乗れます。13時発なのでまだ1時間近くある。待っている間に天気予報をみると明日は思いっきり雨です。明日と言えば宮之浦岳へ登る日やん。明後日は晴れマークになっている。

屋久島はほとんど雨だと覚悟して来たものの明後日は晴れマークなら明後日にしたい。前後の行程は雨でもいいので宮之浦岳の日はせめて晴れか悪くて曇りの日にしたい。そう決めたら今日はバスに乗らずレンタカー借りて島内観光することに決めた(決断はやっ!)

空港の目の前に「まつばんだレンタカー」がちょうどあった。空きがあればいいんやけど。洗車しているおっさんに1台借りれますか?と声をかけた。洗車しているこの車で良かったらすぐにOKだったので借りた。5000円/24h位だった。

滝へ行く遊歩道の途中にモッチョム岳の登山道があった。ココから登るんだぁ~ モッチョム岳登山口に設置されていた案内板。モッチョム岳はハードだと聞いていたので登りたいと思ってたけど、ここは山頂からの展望が素晴らしいので晴れた日じゃないと面白くない。 

レンタカーのおっさんに勧められるがままに千尋滝に来た。滝には正直興味ないけど他に見てまわるようなところも無いし観光する予定は全くなかったので何も調べて来てないので仕方なし。平日なので観光客も1組だけ。

千尋滝

だから何?と言われたら困りますが一応観光名所?10分で退散。 

あの岩のてっぺんがモッチョム岳。今日なら山頂から素晴らしい景色が見れたろうな。

西部林道にて屋久シカ発見。この黒い個体と普通のシカと両方生息している。ちなみにこの黒いシカの方は人間が近寄ってもまったく逃げない。普通のシカの方はすぐ逃げる。

西部林道を抜けていなか浜へ

誰かが砂浜に「屋久島」と書いていた。観光客は誰もいない。地元のオッサンらしき人が車のドア開けて爪切りしてたくらい。 

今日は天気がいいのになぁ~ なんだかんだ言いながら島内1周してしまった。100㎞ちょいあった。空港まで帰って来てレンタカー横にあった温泉まで来て温泉に入ろうと車を降りた途端、また腰痛が。

しばらく歩けそうになかったのでシートを倒して30分くらい休んでた。最近は同じ姿勢(椅子に座ったり・中腰になったり)が続くと必ず痛む。その痛みも立ったまま30分くらいすると痛みはおさまり歩いているうちにまた痛み出す。

今回はやや酷いので悩む。このまま宮之浦岳に登って大丈夫だろうか?普段のように荷物が少なければいいけど、今回は19㎏担いで2泊3日の予定なので1日目は何とか頑張れても2日目が動けるだろうかなど考えてたらイヤになってきた。体力的にはこの歳になっても19㎏でも20㎏でも担いで何キロも歩く自信はある。

腰痛さえ心配なければ日帰りでも歩きとおす体力・自信はあるけどやはり痛みにはかなわない。体力は少しでも休めば回復するけど痛みは我慢出来ない。ここまで来て宮之浦岳へ行けないのは悔しいがこの痛みだとこのザックさえ担ぐのがツライ。

宮之浦岳を今回パスして明日は白谷雲水峡に行って明日の夕方に鹿児島へ移動しようか・・・白谷雲水峡なら距離は短いので余計な荷物を置いて軽装で行けば何とか行けそうだ。仕方ないけど今回は断念することにした。と、なれば今日の宿をどないかしないといけないがレンタカーあるので車中泊することにした。

空港を宮之浦方面に少し進んだところに「ふれあいパーク」と言う綺麗なパーキングがあったのでそこで車中泊することにした。深夜1台の車が横に止まったと思ったらパトカーだった。簡単な職質を受けここで泊っている経緯を話した。泊ってはダメかと聞けば問題ないらしい。嫁に電話したら屋久島まで行って自分が行きたい場所も行けず何しに行ったん?自分の体の事やのにわからんと行ったん!? と、当たり前のことを言われたり。

挙句に職質されるし・・・どないやねん。 屋久島!!!