トランギア メスティン

山道具調理器具

どうも最近エスビットのポケットストーブにどっぷりハマっている。エスビット ポケットストーブを使って他にどんなことが出来るのか検索していたら飯盒でご飯も簡単に炊ける記事を見かけた。これには食いついてしまった。ソロキャンプ飯盒エスビット ポケットストーブと検索したらわんさかヒット。

中にはご丁寧にYou tubeに飯盒での炊き方までUPしているブログもあった。ソロキャンプのほとんどの人がこの飯盒を使っていた。別に見た感じそれほど特殊なモノに見えないのだが焦げにくい、持ち運びやすい、安いなど。

近くのショップに行ったら売り切れでナンバの好日山荘まで行くのもガソリン代が掛かるのでアマゾンで検索したらありました。最近ではモンベルでもよく見かけます。1323円 送料630円 送料が勿体なかったけどナンバまで行くことを考えたら安いかなと。

普通にアルミの弁当箱みたいなモノです。

  • 表面加工:なし
  • 本体素材:アルミニウム
  • 満水容量:765ml
  • 重量:160g
  • サイズ:17.5cm×9.5㎝×高さ7㎝
  • 厚さ0.85mm(本体),0.7mm(フタ)
  • Mede in Sweden
  • 輸入販売元 イワタニ・プリムス株式会社

本体にはこの紙切れ1枚だけ入っていました。特に気になったのが1番最後に記載されている注意書きでした。一応、書かれているままに米のとぎ汁を入れて弱火で10分ほど煮沸しました。

取っ手は取り外し可能。

面トリ(赤い矢印のところ)が不十分と言うかヤリっぱなしなので気をつけないと手を切っちゃう恐れがある。他のブログでもやはりこの事は注意されておりヤスリ等でゴシゴシやってました。

エスビット ポケットストーブ、アルミ箔(ストーブの風除け)、ライター、味噌汁など入れてみました。これに米1合をジップロックに入れて収納すればどこでも暖かいご飯が食べられるやんと安易に考えていますが

飯盒でご飯炊いたことが無いんねん

次回ポケットストーブ+メスティンで実際にご飯を炊いてみます。