LEKI マイクロバリオ カーボン

山道具

今まで使っていたトレッキングポールが壊れたわけじゃないけど収納時にもう少しコンパクトになりザック内に収納出来るポールが欲しかった。なかなか欲しくても買い替えるタイミングが無かった。今まではブラックダイヤモンドのポールを使っていましたので今回はLEKIで探してみた。

レキ(LEKI)は、1975年にドイツで誕生したアウトドア用ポール専門のブランドスキー・ノルディックウォーキング・トレッキング用のポールを専門的に開発するパイオニアブランドであり、ポール市場におけるシェアは世界No.1である。代理店によると「ワールドカップスキーにおいて、そのシェアは60%を超えています。とのことで、今やスキーポール、トレッキングポールの代名詞的な存在となっている。ブランド名「LEKI」は「革新的技術とヨーロッパのエンジニアリング」を意味する。

僕はオールシーズン トレッキングポールを使う山行が多い。腰痛を抱えてからは特に持っていないと不安な時期もあった。最近では腰痛の不安も徐々になくなり簡単なハイキングの時は持たない事が多いがしっかり登る時にはやはり持って行く。

急登の時にはポールがあるのと無いのとではまったく違うからだ。最初はこのワンランク下で長さ調整が出来ない「マイクロカーボン」を探していたけどどこのお店にもなくて取り寄せだったのでマイクロバリオカーボンにした。

ロックシステム(長さ調整)がある無いだけで4000円の差はデカイ。僕の場合は登り下りと長さ調整はほとんどしない。持ち手の位置を変えるだけ。115㎝に合わせたら下山までずっと長さ調整はしないのでロックシステムは不要なのだ。当たり前だが本体重量は数十gだかある方が重たくなる。

僕にとっては不必要なロックシステムのおかげで4000円高に数十g増ネットだとマイクロカーボンはあったけどやはり現物を見て触ってから購入したい。大阪市内の登山用品店を3点ほど回った結果どこにもマイクロカーボンは置いていなかった。最終的にどこのお店にも置いていたマイクロバリオカーボンにした。

ロッジ梅田店で購入。会員カード提示で今の期間ちょうど10%オフだったので消費税分くらいは安く買えた。

影が出て見えづらいね。いい加減な撮影ですみません。2014年からなのかな?ストラップが非常に薄くなっている。その名もスキンストラップ。速乾性に優れ薄くてしなやかな素材なので素手でも違和感なく握れますとHPには書いてありますが果たして耐久性の方は?

セットアップは非常に簡単数秒でSET出来ちゃうので今までの伸縮式ポールに比べたら遥かに楽チン。折りたたむ際にはこのピンを押し込んでポールを外していくだけ。

*強度においては、伸縮式ポールの方が優れています。そのため、体格の大きい方(背が高い、ないし体重がある)やハードな用途にご使用になる場合は、伸縮式レキポールの使用をお勧めします。(取扱説明書より)

ストラップの長さ調整は以前使用していたブラックダイヤモンド製のポールより遥かに簡単はやい!ストラップを上方に持ち上げるとロックが解除。下方に下げるとロック。

以前のブラックダイヤモンドのポールは非常にストラップの長さ調整が固く面倒なのでオーバーグローブの時期になるとストラップに通せない。長さ調整したくても固くてやりにくいのでストラップに通さずに握っていた。

グリップ部分は結構下の方まであるので急な斜面でも対応しやすい。

気に入ったところはココ!グリップのすぐ下のコブ。このコブの出っ張りが非常に良かった。いいあんばいに出っ張っているので握った際に手の側面を置く感じになりグリップ感が高い。セットアップしてみて突いてみたけどジョイント部分でカクカクするような事もない。伸縮式となんら変わりはない。

付属のスタッフサックに収納。僕のワンディザックはサイドポケットがついていないのでこれでザック内に入れることができる。ポールにしたら結構なお値段だったので無くしたり落としたりしないように注意しなければ。最近またザックやら少し買い足したり小物などもポチった物が多いけどおいおいまたアップします。