VICTORINOX PLI トラベラー PD

2021年11月10日山道具

いつもザックに忍ばせている十徳ナイフ。今は十徳ナイフとかいわないのかな?アーミーナイフというのだろうか。小学生の頃はすごく憧れたアイテムでしたが小学生のおこずかいでは到底手が出ませんでした。

昭和の男子なら小さい時は必ずやったであろう秘密基地ごっこ。その時は欲しくて欲しくてしょうがなかったな。山飯でちょっとした肉などを切ったり、ビニールを切ったりするのに重宝します。

それ以外では今のところ出番はありませんが何かの時に保険代わりにザックに忍ばせている。十徳ナイフといえばVICTORINOXこのスイスマークがあまりにも有名。

VICTORINOXの十徳ナイフといってもシンプルな物から多機能なモノまで豊富にある。どれを買えばいいのかハッキリ迷ってしまう。自分の使う用途に合わせて要りそうな工具、道具がついているモノを選べばいいんじゃないかな。

僕が選んだのは「トラベラー PD

機能:ラージブレード・スモールブレード・プラスドライバー・カン切り・マイナスドライバー小・マイナスドライバー大・栓抜き・ワイヤーストッパー・穴あけ・キーリンク・ピンセット・ツースピック・ハサミ・マルチフック・糸穴

使わない工具までついてても重量が重たくなるだけ(値段も高くなる)なので登山で使いそうな工具がついてて尚且つシンプルで価格の安いやつを探してたらコレになった。

VICTORINOX(ビクトリノックス)
¥8,500 (2021/10/13 16:08時点 | Amazon調べ)

作りはさすがmade in swissとりあえず付いてるよ!って工具ではない。各工具の収納性もシッカリしており携帯時に突然飛び出すことは絶対にない。

ただ・・・ 日本の法律だと

軽犯罪法に抵触するかもしれない

参考サイト

・警視庁 刃物のはなし

・旅 オートバイ 「軽犯罪法違反だってサ」 

他にも「十徳ナイフ 軽犯罪」で調べたところたくさんヒットされます。それにしても十徳ナイフ所持で起訴されて前科つくのもね。登山口まで公共機関でアクセスされる人だとちょっと困りますね。所持方法で軽犯罪に抵触しない携帯方法は無いのだろうか。困ったものだ。

細引きで首からぶら下げれるようしている。末端を自在結びにして長さを調整できるようにしている。

登山・アウトドアにひとつどうですか。VICTORINOX amazon