大野山アルプスランドでソロキャン

大野山初心者向きの山,テント泊,単独

5月8日に涼さんと西穂高岳へ行く予定でGW後半は仕事頑張ったんだけど、3日に嫁のおばあちゃんが入院をし嫁と子供達だけ帰省し見舞いにいった。おばあちゃんもとりあえず大丈夫そうだったので6日に帰宅する予定だったが5日に電話があり「じいちゃんが亡くなった」おばあちゃんじゃなくておじいちゃん?

とりあえず7日に涼さんと合流予定だったがとても行けないのでキャンセルした。電話を受けてから僕も帰省し8日の夜に家族を乗せて帰宅。GW明けの西穂高岳が楽しみだったけど仕方ない。

気を取り直しどこか山へ行こうか考えたけどまった~り読書とかしたかったのでソロキャンにした。僕の仕事上、じゃ日にち変更すればOKと言うふうに簡単にはいかなくてね。

と、言うことで大野山キャンプ場でまった~りソロキャンです。天候は最高!キャンプ場手前3㎞位から細い急な上り坂が続く。テールランプの球切れも直し絶好調のパジェロ!向かうところ敵なし!

急な登りのヘアピンがツライ。ATをマニュアルに変更してほとんど2速固定でのぼって行く。途中で「猪名川の源流」を発見!コレが伊丹空港脇を通って神崎川と合流し大阪湾に流れるんやね。猪名川の源流から少しのぼれば大野山キャンプ場に到着。

終点まで登るとパーキング(無料)がある。キャンプ場はすぐ近く。のぼって来た道はのぼり一方通行で帰りはパーキング奥の道が下り専用となっている。道が狭い為、離合困難なので一方通行にしているだろう。

道にはちゃんとした一方通行の標識とかはありません。別に逆走しても違反切符を切られることはないが・・・どちらにしても下山専用ルートは下の方でのぼりルートと合流します。

幕営場所はココと決めていた。ここからだと少しだけど大阪市内の夜景も拝める。

テントを張り終えて時間も十分あるので大野山に登ることにした。登ると言っても山頂まで標高差30m。アスファルトの坂を登って行くと左手に建物がありアスファルトの坂はココまで。

アスファルトの坂の終点右側の登山道を登って行く。右側には電流が流れている柵なので感電注意。7月にはアジサイ祭りが行われるそうだ。その頃には右側にはびっしりアジサイで埋めつくされるんだろうな。

大野山山頂

七五三です。展望は素晴らしい!360度の大パノラマ。北側には深山がすぐそこに見える。東の遠景に愛宕山も見える。南は六甲山まで見えてます。

登山靴に履き替えようかと思ったけど標高差30mだしね。サンダルです。

今回はノンビリ読書が目的なのでCRAZYCREEK HEX2.0オリジナルチェアTHERMAREST Zライト ソル シルバー×レモン Rでリラックスモード。芝生にマット・・・はたから見たらアイツYOGAでもしよるんかと思われそうです。そんな事したら腰が空中分解します。 

おっ。そうそうコイツも忘れたらあきまへん。中華ラジオで登山には少し大きいですが感度がいいと評判だったのと価格が安いので購入。このキャンプ場では問題なしにクリアに受信してました。 

料理も出来ないのにフライパンなんか買ったりしました。高さ(内部)は4.7cmあるのでその気になればすき焼きなんかも出来ちゃいそうです♬

塩焼きそばでもしようと思ってたのに肝心の焼きそば忘れてるし・・・結局は野菜炒めになってもうた。

4時頃から雲が多くなり今夜は星ダメだろうな~と思ってたら少し晴れ間が出てきた。

日が暮れる頃には雲も無くなり頭上には満天の星がひろがってた。ココはさすが天文台があるだけの事はある。星がとても綺麗に見える♬

今日は僕以外に1人近くでテントを張っている人がいた。神戸からバイクで来たそうです。僕も今度はバイクで来てみようかな。

ここのキャンプ場は無料で星も綺麗に見えて最高のキャンプ場やな。さすがは関西キャンパーの聖地と言うだけの事はある。僕も気に入ったよ。

翌朝は6時前に目が覚めた。ゆっくり寝れた~ 朝食はかなり前に買ってたけどなかなか食べる機会がなかったサタケの梅茶漬け。お湯を入れてかき混ぜて5分したらOKと書いてあるけど美味しいんかいな~

普通に美味しいです!コレはまた買いたいな。って言うか、お湯を入れて5分待っている間にかなり冷めてしまうのがちと、残念。フタかなんかしてたらいいんだろうけど。テントを乾かしたりゆっくり撤収。午前中には帰宅できました。