樹氷を見に高見山へ

高見山単独,初心者向きの山,展望がいい山,雪山,アイゼン

関西のマッターホルンと呼ばれる「高見山」へ行ってきました。

冬は樹氷がすごく綺麗でツアーバスが出るほどです。

山頂は狭くそんな山頂にツアー客がどっと押し寄せる冬の週末は恐ろしい場所でした。

合計距離: 2740 m
最高点の標高: 1259 m
最低点の標高: 856 m
累積標高(上り): 460 m
累積標高(下り): -423 m
Download file: takamiyama01.gpx
山行データ
  • 【山名】 高見山
  • 【標高】 1248m
  • 【山行日時】 2008年2月11日
  • 【天気】 晴れ
  • 【メンバー】 単独
  • 【歩いた距離】 2,7km

今回のルートは高見山への最短ルートです。

高見トンネルの少し手前から旧道に入り高見峠へ。旧道に入った途端除雪はない。

しかし踏み固められているので4駆+スタッドレスで十分でした。

高見峠の標高は900m 高見山の標高は1248m

無事に高見峠に到着です。

高見峠手前でエルグランドが滑って道路脇に脱輪しており渋滞が出来ていました。

左下に見えている「鳥居」のところが登山口です。

下山してくる方がみんな「もう~樹氷が解け始めてるよ!」と教えてくれる。

家を出るのが遅すぎたって感じですね。。。

今日は樹氷も期待できそうにないのでノンビリ風景を楽しむことにしました。

足元の雪もかなり緩んできました。

しかし今日は天気がいいので暑いくらいです。降りてくる人の中には半袖の方もチラホラ。

アッいう間に山頂に到着です。人が多そうですね~

小屋の中も満員なので少し離れた場所でメシを食べていたらツアー客の女性が足元滑らせ「アッ!」と言いながらとっさに僕を掴んできた。

山頂付近はいっぱいだったので端っこの方で座ってメシを食べていた。とっさに掴まれた衝撃で崖に僕が落ちないとは言えないところだったので冷や汗もんでした。

ツアー客の足元を見たら簡易的な4本爪のアイゼンだった。逆に歩き方など知らないツアー客などにはもっとしっかりしたアイゼンの方が安心だと思うんですけどね。どーなんだろう。

今日初卸のブラックダイヤモンドのポールを使って走るように下山した。

走って下山したらアッという間に登山口に着きました。

樹氷は見れずツアー客にビックリさせられましたが楽しい山行でした!