EMPEX サーモ・マックス50 温度計

山道具

エンペックス サーモ・マックス50 高精度-50℃~+50℃ 温度計 

男子と言うのは速いモノに乗ればスピードが気になり寒いところに行けば温度が気になる生き物なのだ。冬の山用に温度計を物色してても中々いい温度計が見つからない。

登山用品店を探してもキーホルダーになった温度計があったけど小さくて見えにくいし(目盛は2℃単位)、コンパスまで付いてるし(別にコンパスはいらない。コンパスは持っている)それで1500円以上する。もっと見やすくて目盛が1℃単位で軽くて正確で小さくて値段が安いと夢のような温度計はないものか。

ありました!

メチャ安いしレビューもいいし、コンパクトで軽い。それに専門メーカー品なので安心した。それでいてMADE IN JAPANこの商品はISO9001品質保証システム認証工場で生産されたものです」ええんかいな。こんな安い商品やのに。さすがは日本製!ガンバレ日本。安過ぎて舞い上がり何が言いたいのかわからんようになってきた。

材質はアクリルなので決して豪華では無いけど山で使うんやからキズとかつくし豪華仕様はいらん。山では豪華より軽さ重視です。

パッケージ裏面。バイメタル式温度計とは?

  • バイメタル式温度指示計は、その構造が単純でガラス製温度計と比べて堅牢で読み取りやすい。
  • 液体及びガス封入圧力式温度指示計と比べて、圧力系統部及び拡大機構部が無く、トラブル要因が少ない。

等々の利点があり幅広い分野にて利用されている。

タバコと比較してもこの大きさ。リュックのポケット・ウィンドブレーカーのポケットに入れてても邪魔になる大きさでは無いと思う。何より重さはヒモ入れてたったの22g。22gと言えばSDカードなら11枚分。タバコなら22本パッケージは含まない)持っているのか持っていないのかわからない重さだ。

視認性も良く目盛も1℃単位で読み取りやすい。夏は過ぎたけど熱中症対策で持つにもいいかも。ガラスじゃなくアクリルなのでキズがつくと読みづらくなるかもしれない。そして、防水では無いので水に濡れれば曇って見えづらい時もあるそうな。普段使うにはまったく問題ない。それに何より安くて軽くて正確が1番。

EMPEX (エンペックス)
¥907 (2021/10/03 00:56時点 | Amazon調べ)
EMPEX (エンペックス)
¥1,375 (2021/10/03 00:57時点 | Amazon調べ)