伊勢辻山 国見山ちょろっと周回した

国見山単独

合計距離: 7617 m
最高点の標高: 1402 m
最低点の標高: 676 m
累積標高(上り): 983 m
累積標高(下り): -982 m
Download file: kunimiisetuji2015.gpx
山行データ
  • 【山名】 伊勢辻山 赤ゾレ山 国見山
  • 【標高】 1418.9m(国見山)
  • 【山行日時】 2015年10月18日
  • 【天気】 快晴
  • 【メンバー】 単独
  • 【歩いた距離】 7.6km

土曜日仕事入れたので今日、日曜日は夕方までフリーだ。夕方までで帰って来れるコースを考えた。以前から登ろうとしていた大又林道終点から伊勢辻山直下のルートに決定!

そのまま伊勢辻山~国見山~明神平でいつものコースを下るのはおもしろくなかったので国見山から下る「天高ルート」で周回することにした。

天高ルートとは

「天高は天王寺高校の略」現在のあしび山荘は明神平に立派なログハウスが建ってます(非公開)旧あしび山荘(崩れた山荘)から国見山へ登るルートがむかしあったそうです。あしび山荘が倒壊してからはそのルートも荒廃してしまい現在は旧あしび山荘からのルートは不明。国見山から下ると途中で林道に出合う。現在は国見山山頂から林道に出合う(2つ目)までの区間だけ天高ルートが残っていた。この林道を使えば大又のパーキングまで戻れる。

登りに2時間(伊勢辻山)~国見山まで1時間30分~天高ルートで下山2時間ちょい。特に天高ルートはあまり情報が無いので下山時間を2時間ちょいに設定。13時頃には十分に下山出来るかな。そこから温泉に入って帰っても夕方には帰宅出来そうだ。

今日は期待出来そうな朝焼けです。快調に南阪奈をぶっ飛ばします!

快調にぶっ飛ばしたわりに20分遅れで到着。この時点でパーキングの半分は埋まっていた。

今日はパーキングからすぐの緑の鉄橋を渡って入山。ここは一応バリエーションだけどヤマレコでもよく登られている。もう普通の登山道と変わらんかもしれないですね。

途中の温度計では8度となってた。歩きはじめは寒かったけどここからすぐに暑くなるのだ。

いきなりロープが設置されているが特に危険なところは無い。ただ、写真がブレているのが気になる。

さぁ、ここからが急登だ!ゆっくり登ります。

なんか人の声すると思ったら前方に先行者がいた。追いつきそうだったので休憩。ちょっとスローペースなパーティーでしたが追い抜いても後ろ気にしながら登るんが嫌だったのでこの後も追いつきそうになれば休憩して間をとった。

最近Amazonのポイントで買ったライター付きのiPhoneケース。電池が内臓されているので少し重く、分厚くなる点がマイナスです。これでライター忘れても安心♬ 携帯忘れたりして・・・

急登区間を過ぎるとここから比較的緩やかになる。

斜面をトラバースするように道がついている。このまま進んで沢の手前を頭上の尾根に向けて登っていけばいい。とにかく沢に出るまであまり気にせずに歩ける。

沢の手前を頭上の尾根目指して歩きやすいところを登っていく。尾根はもうすぐそこだ。尾根に出れば縦走路も近い。

なんとあっけなく縦走路に出た。それにしてもいい天気です。秋晴れですね!

正面に見えるピークは薊岳かな?

ついでなので目の前のピーク(伊勢辻山)に寄ってみる。

伊勢辻山山頂

画面中央右寄りのピークが国見山。今日はあそこを目指します。遠そうに見えるんだけどココ伊勢辻からコースタイムで1:15で行けるんやからね。人間の足はすごいぞ!逆光でみえにくいけど国見山周辺の紅葉がすごく綺麗でした。

縦走路は気持ちええわ

この辺が赤ゾレ山かな。山名板が無かった。ここからの展望がすごく良かった。

赤ゾレ山からのパノラマ写真。正面のピークの奥に金剛山葛城山二上山が見える。

銀色に輝くススキの中を降りて行く。

赤ゾレ山から下ると池がある。色んなところで良く見る池だ。写真で見るともっと綺麗な池だと思ってたけど、真っ黒な池でした。

レッドカーペットのようだ。

いまが紅葉のピークなのかな。

国見山

ちょっと登ると国見山山頂に到着。これまたアッサリと。ここまで予定では3時間30分見ていたんだけど2時間50分で来れたので時間的にかなり余裕が出来たので食事することにした。あとはここから天高ルートで下山するだけだしね。

食後はバナナのカステラとミルクティー♬

はよ下山して温泉はいろっと。山頂からすぐは斜面なので尾根が見えない。尾根に合わせて降りて行くとしばらくすると尾根がハッキリしてくる。かなりの急でズルズルです。

8の標識がある。踏み跡はほとんどないけど忠実に尾根芯を歩けばOK

山頂から10分くらいで林道に出た。林道を少し下ってまわり込んだところからまた尾根を下る。

細尾根です。

なんや!ロープまであるやん。補助的に使わせて頂きました。いつのロープや。

5番がひっくり返って落ちてたんで立てかけておきました。

尾根を下っていくと標識がありました。下ってくると標識の裏側なので気がつきにくいかも(左から2本目の木このまま尾根を進むと崖になって降りられないのでこの標識に従って左へ進む。

これは逆から見たところ。上から下ってきました。標識には左が国見山右があしび山荘と書いてある。

標識に従ってあしび山荘の方へ進むとすぐにまた林道へ出る。

ここからながーい林道歩き。それもガレガレの林道なので疲れる。

まわり込むとさっきの尾根の先端がここ。

荒れ放題の林道です。

途中からは歩きやすくなる。途中いくつか展望のいいところもあった。

こんな感じで。

最後はここに出ます。ここを渡るといつもの林道へ出ます。

渡って大又林道から撮影。ここから少し下ると登山届BOXもあるゲートだ。

怖いですね。

下山

パーキングに戻ると満員御礼でした。

まだ登山客も降りてこない時間帯でしたので貸切でした。久し振りに来週は大峰に行こうかと思ったけど歩きたいところもあるので来週はまた台高やな。