雄大な御嶽山を眺めながら小屋泊♬ 小秀山

小秀山展望がいい山,雪山,アイゼン,小屋泊

山行データ
  • 【山名】 小秀山
  • 【標高】 1982m
  • 【山行日時】 2017年12月7日~8日
  • 【天気】 晴天(7日) 雪(8日)
  • 【メンバー】 えのさん涼さん+登山好人
  • 【歩いた距離】 13㎞

今回は岐阜県の山へ行ってきました♬ テン場が無いとの情報でその代わり山頂には真新しい小屋があるみたいだ。迷わず小屋泊に決定!

いつもながらエノさんにピックアップしてもらい西名阪をぶっ飛ばし中津川ICで降りる。30㎞ほど下道を走り登山口の乙女渓谷キャンプ場には予定していた時間通りに到着。

前日まで寒波だったので登山口までの道が少し不安でしたがまったく問題なし。小屋泊だからテントが無いぶん軽くなると思ってたんだけど結局はテント泊と変わらんほどになってしまった。

前日に急遽スタッドレスに履き替えたえのBOX前日にご苦労様でした。他に登山者の車は一台もなかった。どうやら本日は小屋貸し切りみたいね。

ここはキャンプ場の受付けかな?当然今のシーズンはキャンプ場クローズしてます。右の橋を渡って入山!

橋を渡ってここから乙女渓谷を夫婦滝までCT1:45渓谷の遊歩道を歩いていきます。

遊歩道といっても階段も多く結構登りがあります。でもウォーミングアップにはいい感じかもね。

お二人さん。今回もまたまた宜しくお願いします。

景色はええんやけど渓谷沿いは寒いわ。

中で休憩しようと思ったけど中は土足厳禁だった。軒先でちょっと休憩した。

完全氷瀑したらすごそうだな。落差は80mあるらしいです。

これが結構歩きにくい急登やな~ 天気は申し分なしクラウド9です。はやく稜線に出たいんやけど稜線は遥かかなた・・・

どーって事ないこんな場所も積雪時は少し慎重に★

かなーり登って落ち口に到着。

さらに上流には孫滝がある。ここからは沢を離れ一気に二ノ谷・三ノ谷分岐まで壁のような急登が始まる。

もう誰も言葉を発しない。登っても登っても急登が終わらない。

しんどいを通り越してなんかムキになってくる。

鎧岩

ひたすら景色もない急登をムキになって登ってるとやっと標識に出会えた。とても大きな岩だ。

標識にも書いてある通り1周して岩の裏側へ回り込むように道がついている。

お~っ!無我夢中で登ってたけどずいぶん登って来たな。でもまだまだ稜線は見えないけどね。

夏なら絶対イヤな背丈以上のササ道。

第一展望台

第一って事は第二もあるんちゃうの~

第二展望台

割とすぐに第二展望台があった。ちなみに写真奥からはほとんど木が邪魔で展望ありませんでした。

カモシカ渡り

第二展望台からしばらく進むと今度はカモシカ渡りこれがマップ上で危マークがあるところやね。

確かに壁のようなところですがステップもあるし問題ないっしょ♬

問題ないけどストックがかなり邪魔だった。

今度は1発目より少し難易度が高いがこちらも階段状にステップがあるので問題なし。

1人ずつ順番にクリア。

カモシカ渡りを登りきるとこんな絶景が待っています。

稜線も近くなってきた。もうひと踏ん張りです★

えのさんが立っているところもいちおう・・・ルートなんです。

稜線合流!!!ひぇ~長かったわい。

前方に大きな岩が!?あれが兜岩かな?

ひょ~ 今日はここまでええ天気になるとは思ってなかったよ。

ヨイヨイヨイ♬

すんばらしい♬ 

ちくしょ~ 眩しいぜ! 昭和かよw

もう急登だろうがどうでもええ。今日の日に来れたことを山の神様に感謝だ★

ヨイヨイヨイ

絶景、無風、照りつける太陽。。。他になんか要りますか?

もう少しモンスターになってれば。。。いや、これ以上ない天候だし文句はいわないでおこう。

御嶽キター!!!広角なので少し小さいけど肉眼ではすぐ近くです。噴煙もハッキリ見えた。いまなお見つかっていない方もいるそうですね。あの山を見ると同じ登山者として色々複雑な心境ですが今は急登を登り切りはじめて見た御嶽山の美しさにただただ感激しました。

鎧岩が近づいてきた。この直下がさっきまでの急登に匹敵するような急登だ。

鎧岩から見た御嶽山

登れそうな岩だが寒いし雪が付いてるのでどこが岩の隙間かわからないのでヤメタ。

涼さんが見えた。待っているとすごく寒い。

鎧岩からえのさんが先頭に★

て、いうーかどの方向が名古屋かわかんなーい??

こっちか?

陽が傾いてきましたがここまでくれば日没前には十分小屋に到着できるだろう。

高原というだけあって気持ちいい場所♬

前方に小屋が見えた。あともうひと踏ん張り登らなアカンねんな。

前方の山は中央アルプス?

見えてるけどなかなか着かないパターンかと思ったけどグングン小屋が大きくなってくる。

後ろを振り返ると夕焼けこやけです。

もう小屋目前です。日の入りには間に合った~

秀峰舎

小屋到着!!!

お疲れさんでーす!えのさん、涼さんおつかれ~♬

小屋の玄関から撮影。

アイゼン、スパッツ外してお邪魔しまーす♬ うわさ通り綺麗な小屋です。マット、毛布、時計、温度計、救急セットなども完備。どうだろう~ 詰め込んだら20人以上は寝れるかな?

トイレですが冬季は使えませんでした。

1日お世話になります。明日の天気は下り坂なので今日のうちに山頂へ行くことにした。どうやら小屋から山頂まで30秒らしい。ホンマかいなw

小秀山山頂

ホンマに30秒で山頂に到着!バックには御嶽山です。

山頂から見た中央アルプス

山頂から見た御嶽山

涼さんが大事そうに持ってきたヤマノススメの主人公のあおいちゃんのフィギュア。値段は・・・ やめとこ。見せてもらう時は鷲掴みで値段聞いて返す時は両手で返す。これで値段は想像できるかな。しかし、人形でこの値段とは。

小屋に戻って温かいコーヒーを飲んでもあたたまらない。小屋内はマイナス0℃かマイナス2℃やったと思う。みんなでストーブつけてメシにしたら6℃くらいまであがった。今回は鍋+白飯。お腹いっぱいのメニューだ。涼さんの暴露ネタで盛り上がり21時過ぎに就寝。

2日目

今回は2時間おきに目が覚めた。夜中に風の音が大きく外にタバコを吸いに出ると雪が降っていた。2日目の朝はこんな感じです。今日は下山だけなのでどーでもいいけどね。

寒い中の用意はなかなか厳しい。でも冬のテント泊よりかはマシだな。予定通り8時に出発。下山は12時の予定だ。じゃ~ノンビリ下りましょうか。

真っ白で撮ってもおもしろくないな。

雪もしまってて歩きよい。

二ノ谷・三ノ谷分岐。ここは右に進み三ノ谷へ

途中何も撮るものもなく延々ジグザクな単調な登山道でした。ここでアイゼンを外した。

ここからパーキングまで1㎞ほど林道歩きになる。

林道はさっきまでの岩ゴロゴロで歩きにくかった登山道と違ってフカフカでメッチャ気持ちい~♬

キャンプ場に到着★お疲れさまでした!ご一緒してくれたお二人さんありがとうございました!

同行者さんのブログ