梅雨明け前の武奈ヶ岳

武奈ヶ岳初心者向きの山,展望がいい山

前からいかじゅうさんと武奈ヶ岳に行く約束をしていましたがようやくお互いの予定があい決行となりました。お京阪三条駅でいかじゅうさんと待ち合わせピックアップして涼さん・僕・いかじゅうさんの3人で武奈ヶ岳へ。坊村ルートで登る。葛川市民センターに車をとめる。

合計距離: 14769 m
最高点の標高: 1203 m
最低点の標高: 301 m
累積標高(上り): 1358 m
累積標高(下り): -1358 m
Download file: buna20130706.gpx
山行データ
  • 【山名】 武奈ヶ岳
  • 【標高】  1214.4m
  • 【山行日時】 2013年7月6日
  • 【天気】 曇り
  • 【メンバー】 涼さん+僕+いかじゅうさん

この橋を渡って信号を渡る。信号を渡ったところには綺麗なトイレがある。

旅館の前の川ではビールを冷やしていた。

赤い橋を渡って奥の石段を登ると登山口がある。

御殿山コース登山口

ここからすぐにジグザグの急登が始まる。登山口の標高が約320m。目指すはP846。そこまで一気に急登だ。

途中で小学校4年生の女の子も元気にこの急登を登って行く。今日はかなり体が重い。坂の途中で休憩。まだ風があるので今日はマシなのかもしれない。

冬道分岐

P846見過ごしてしまい夏道・冬道の分岐まで来てしまっていた。真っ直ぐが冬道・夏道は右へ進む

夏道はほぼ平坦。

平坦から急登になり展望のいい場所に出た。休憩適地。ザックを降ろして一服

ココからは少し登山道が狭くなり・・・

御殿山

山頂は狭い。やっと武奈ヶ岳がみえた。

御殿山から見る西南稜から武奈ヶ岳

ワサビ峠

御殿山から一気に下るとワサビ峠。またここから登りになる。

もう少し登ると展望が良くなる!

この調子だとガスる事は無さそうなので安心した。

西南稜を歩く。冬だと最高だろうね♪ やっぱココは冬にもう一度来たい山だ。

少し青空も出てきました。

もう少しです♬

武奈ヶ岳山頂

登山口から2時間40分でした。山頂からは視界はあまりよくないけど琵琶湖もハッキリ見える。天気がいい日だと伊吹山なども見えて絶景だろうな。

伸びすぎた三角点

昼飯は八雲ヶ原で食べるので山頂手前のピークからコヤマノ分岐方面へ下る

こちらのルートは武奈ヶ岳のメインルートなのかな?たくさんの登山者とすれ違う。

こんな花が咲いていた? パッと見た目はすごく綺麗な花。そこらじゅうに咲いていた。

坊村側と違ってこちらは自然が残っている。紅葉時期などキレイそうだな。

イブルキのコバ

八雲ヶ原方面への分岐点でもある「イブルキのコバ」に到着。絶対に一度聞いただけでは覚えれないややこしい名前です。名前の由来がすごく気になります。

ココが八雲ヶ原の比良スキー場跡みたいです。こんな場所があるとは。

2張ほどテント張っていました。テント張るにはすごくいい場所ですね。小川も流れています。

最近はアルコールストーブばかり。軽量で水を沸かす程度なら十分なので。今日は韓国の激辛インスタントラーメン。暑い日に激辛は失敗だった。

赤い調味料を入れる前は普通の麺なんだけどね。燃費も向上したのか550mlの水を沸かすのにもアルコールがかなり残ってしまった。消火蓋が無いのでまたもや燃やして燃料が無くなるまで放置。モッタイナイ。コレは早急になにか考えないと。

食後はさらに体が重いね~ 金糞峠を目指す。なんちゅう名前や。

ココもかなり綺麗だ。いかじゅうさんに屋久島の淀川小屋の前の川とどちらがキレイ?と聞いたら断然淀川小屋の方がキレイだと・・・去年は行けなかった屋久島の淀川小屋だけどいつかまた行ける日を来ればいいな。どれだけキレイなのか楽しみにもなった。ここでも十分キレイなのに。

木製の橋を何度か渡る。

橋を渡らずに川をそのまま渡って行くいかじゅうさん。

金糞峠手前の分岐から大橋と言う場所を目指す。この辺一帯は巨石が散在していた。とてつもないほどデカイ。ついつい重さが気になる。

橋を渡ると・・・

大橋小屋

ボロボロで廃屋になっている。避難小屋としても利用不可能な状態。

何度か危険そうな場所をやり過ごして急坂を標高300mほど下ると下の林道へ出る。

林道を小1時間ほど歩くことになる。途中、橋の下の綺麗な場所で休憩。頭から水をかぶったら気持ち良かった♬ ここで涼さんのカメラが落下・水没・・・電源も入らずおそらく潰れた? 最悪はデータさえ残っていればいいんだけど。最近のデジカメは安いので買い直せば済むがデータはどうしようもないからね。

下山

7時間30分の山行となりました。今日だけは本当に疲れた。涼さん、今回も先頭歩いて案内ありがとうございました!ココはまた冬に行きましょう♪ 片道70㎞だったのでちょうど大峰周辺と同距離だったのはビックリ。最初の急登はヒップソリでガンガン下りたいね。

いかじゅうさん。どーも、お疲れ様でした。さすがに若いから何ともないでしょう。またお互いの予定を合わせてナイトハイキングに行きましょうね。ほんで鍋しましょう。暑いけどw 涼さんを降ろした後に腹減ってたまらず例のバナナ食べましたよ。いまのところお腹は大丈夫です。

お二人とも暑い中お疲れ様でした。今度は涼しいナイトハイキングしましょう♪ ありがとうございました!