アルコールストーブ ゴトク最終バージョン

2021年11月10日山道具調理器具

近場の金剛山や稲村ヶ岳といったところは去年と違って今年はまだ12月なのに積雪量がハンパなく多い。行きたいのぉ・・・今日(27日)で腰痛発症からちょうど1ヵ月になる。ある程度は体を動かせれるようになるとヒマになってきたのでアルコールストーブのゴトクを改良してみた。改良というよりまったく違うかたちのゴトクへ作りかえた。多分これが最終バージョンになると思う。

ステンレスのステーを2本使用しその上にアルコールストーブをのせる感じに。ゴトク部分はホームセンターに売られていたステンレス製のフックだ。ステーの方は穴が小さかったので4ヶ所穴を大きくした。そこへ上下ダブルナットでゴトクを固定する。1番下には袋ナットを使用して安定性を良くする。

高さもちょうどいい感じだ。ネジなので高さはいくらでも調整可能。

もちろんゴトクは折り畳み可能なので100均のタッパーに一式収納出来る。あとは風防だな。これは1mm厚のアルミで制作予定。クルクル巻けるようにしてタッパーに入れればアルコールストーブ一式完成!燃料はナルゲンボトルに入れている。

ナルゲンボトルの耐熱、耐冷がスゴイ!-100℃120℃ 地球上じゃどんな過酷な場所でも使えそうだな。容量は色々あるのでいくつか持っていると便利かも。好日山荘でもナルゲンボトルは売られているけどあまり豊富に色んな容量は置いていない。Amazonの方が豊富です。

コーヒーやカップ麺だけだとアルコールストーブで簡単に済ませたいね。自分で作ったストーブでいれるコーヒーを山で飲むと格別だな。ガツガツ登る登山もいいけどたまにはまった~り山でのんびりコーヒーをすするのもいいもんですよ。春になったらオゼンとアルコールストーブ持って山カフェしよっと♬