去年と違って今年は雪たっぷり天女の舞

天女の舞雪山,アイゼン,スノーシュー,ワカン

合計距離: 9776 m
最高点の標高: 1510 m
最低点の標高: 679 m
累積標高(上り): 1146 m
累積標高(下り): -1144 m
Download file: tennyo201702.gpx
山行データ
  • 【山名】 天女の舞
  • 【標高】 1455m付近(天女の舞)
  • 【山行日時】 2017年2月14日
  • 【天気】 雪
  • 【メンバー】 えのさん涼さん+登山好人
  • 【歩いた距離】 9.7㎞

土曜日の竜ヶ岳リタイヤからまだあまり日にち経ってなく不安もありましたが今年も天女の舞へ行って来ました。18日以降は何かと忙しいので14日~17日の平日だったら行けそうなのでその辺で予定をしていました。

えのさんの休みを聞いたらちょうど僕の都合のいい日と外れていましたが休みを変更してくれました。ありがとう★ 涼さんも14日なら可能という事で平日に野郎3人で静かな山へ入山となりました。14日の天候はあまりよろしくないが寒波はだいぶん緩んだ。この日はエロBOX初の雪道走行も兼ねてえのさんのエロBOX出動!

前後に車が居ない事を確認して直線でブレーキテスト。スタッドレスの威力に満足しながら車は川合を左折し酷道309号線の細い道に入っていく。

白倉トンネルを過ぎるとかなり道が狭くなる。対向車が来ても対処できるようにスローペースで進む。轍を走行している時はなんの問題も無いが少しでも轍を外した途端に進まなくなる。1回だけ完全にスタックし外に出て車を押した。完全に要領を得たえのさん。無事に熊渡に到着!

それにしてもすごく雪が多いね。熊渡でこれだけの積雪だと今日も途中敗退ありやね。橋の上の積雪でも見た感じ30㎝以上はある。熊渡の標高は680mだ。

天女の舞の標高は1455m この時点でこれだけの積雪量なら天女の舞はどないなってるんやろ!?とにかく今日も行けるところまで行ってみよう!って、ことで早々に用意して出発♬

いつのトレースなのか?まだシッカリついてたので週末のトレースなのかな?何てことない林道も雪でなかなかしんどいやん。

雪はフカフカです。

カナビキ尾根・双門ルートの分岐に到着。双門ルートにもトレースがついてある。誰や?こんな時期にそっちへ行くヤツはw 好きもんがおるもんやね。この先ホンマに行けるんやろうか!?

トレースはカナビキ尾根に入ってからもシッカリついていた。ありがたい。このトレースが無ければとっくに敗退してたよ。

トレースから外れるとこんな感じ。

尾根に乗っかったところで1発目の休憩。まだこの調子なら行けそうだけどさらに標高をあげるとどうなるかまったくわからない。

新雪を気持ちよく歩きます。ほんまふわふわで気持ちいい~♬

この辺は木から落ちた雪でトレースが無くなっていた。3人で代わりながら前進していく。

ちょっと下ります。下りはほんまフワフワの雪なのでオモシロい。帰りは満喫出来そうだな。木の根っこ地帯を通り過ぎるとカナビキ尾根の最後の急登区間がある。川合道まで急登の連続だ。どうなる?

急登に差し掛かる。ホンマにツラいです。10mほど登れば休憩を繰り返し。

細かいスパンでえのさんに交代してもらい登って行く。涼さんはこの時点で足の痛みが出ていたので後ろでゆっくり登ってもらう。

上を見てもずっと登りが続いている。本来カナビキ尾根ルートはある程度登ると右の沢方面へトラバースしコルに出る感じです。トレースは直登し狼平に方面に向かってついているのはわかっていた。ただ、どの辺で右へ曲がってカナビキルートの分岐へ向かうのか。

GPSを見てこの辺を右に下って行けばカナビキ尾根分岐に出れる。だけどまったくトレースはない。太ももまでのラッセルで進んで行く。

カナビキ尾根の標識も見えた。ここは風が良く通るので寒い。この先川合方面もまったくトレースが無い。スノーシュー・ワカンを装着しP1518を目指す。スノーシューを履いたえのさんがガンガン引っ張ってくれる。えのさんのスノーシューの跡でもワカンだとまた少し沈む。

P1518

無積雪のP1518ならどうって事ない登りが積雪期だとハァハァなのだ。

しんどいけどパフパフ過ぎてオモロイ。

EX'PERT OF JAPAN(エキスパートオブジャパン)
¥13,860 (2021/11/06 14:26時点 | Amazon調べ)

P1518から少し下ってようやく天女の舞に到着!去年同様に真っ白で何も見えない。えのさんは先に少し下っていた。

何もかもが真っ白な世界です。

これ以上下っても展望も無いしここがゴールにした。今度こそは快晴の天女の舞に行きたいぞ。来年もまた!雪や風があるので樹林帯に入ってご飯にする事に。

樹林帯に入りようやくメシです!雪は結構降ってるけどココがまだマシな場所だった。僕は荷物を少なくしたかったのでガスはえのさんに借りることにしたが・・・

あまりの寒さに火がつかない。ノーマルガスだった。涼さんにも聞くと涼さんもノーマルガスだった。これじゃお湯を沸かせないのでラーメン・温かいコーヒーは諦めることにした。

ココでラーメンしか持って来ていない僕にえのさんが気を遣ってパンを半分こしてくれるやん。なんちゅう男前や!自分の食料を半分くれるなんて。

ただのエロいおっちゃんとちゃうんや!優しさも兼ね備えたエロいおっちゃんやな。そりゃ女子にもてるわな。ありがとうございます★チョコがカチカチで歯が折れると思いましたがせっかくのご厚意に文句はいえません。ホンマにおいしかったわ~ ありがとう!

さて~メシも食ったし帰るでぇ!!下山はどうしましょうか。登りの時はカナビキ尾根分岐の先の川合道を少し登ったところからカナビキ尾根に入りましたがこの積雪で登り返しは相当体力がいる。

分岐から標高を上げ下げせずに真っ直ぐトラバースしよう。そしてさっきのトレースがあるでしょう。新雪の中をえのさんが道を作ってくれる。優しいし頼もしいね!

無事にトレースと合流しここからはルンルンで下山です♬ 今日は写真撮る余裕も無かったのでココで1枚。

いやぁ~マジでたのしいです♬ 雪山大満喫ちゅう。

前回の竜ヶ岳に引き続き今回もワカンがご臨終の涼さん。片輪走行は後ろから見てても辛そうだw

下りはイイね。1歩が3歩ほど進むのでメチャクチャはやい。

えのさんのメガネがホワイトアウトし前方が見えないので僕が前に出る。この後木の雪が爆弾のように落ちてくる。完全に真っ白になり何も見えない。

最初は怖いほど真っ白で何も見えず動けずにいた。その後も何度か爆弾にあいその都度「ストップ」などおもしろがってたな。

最後の休憩。涼さんもココまで良く頑張ったよ。登りの途中で足の痛みの時はリタイヤすると思ってた。その後も足の痛みは残ったまま今度はワカンが潰れた。あの積雪の中を壊れたワカンで歩くのは相当大変だったと思う。ホンマによくがんばったね。

えのさんは相変わらずの余裕かな。積極的に前に出てくれて除雪車のように道を作ってくれてホンマに助かりました!さすがの健脚えのさんも下山時は少し足にきていたそうな。無理もないわ。スノーシューであれだけガンガン道を切り開いてくれたんだしね。ホンマにありがとうございました!

林道に到着!何とか16時過ぎには下山出来そうだ。

お疲れさまでした★

分岐で最後の休憩しましょ。

最後に記念撮影♬ ここから30分ほどで熊渡やな。あとチョイだ!がんばろう。

やっとゲートだ!

エロBOXも真っ白になっている。本当に皆さん。お疲れさまでした!スタックしたらまた押さなければならないので着替えせず車に乗り込む。カラダの芯から冷えて寒い。はやく温泉に入りたい。

下市温泉で汗を流す。冷えたカラダにメチャ気持ちいい♬ 極楽だわ。今までに入った中で最高の温泉かと思ったくらい気持ちが良かった。今日はほとんど何も食べて無かったので今日初のメシだ。

あまりの雪の多さに早々に敗退宣言になるかと思いきやみんな交代で突き進んで行き予定していた時間より少し早く天女の舞に到着したのにはビックリした。新雪のパフパフを十分に楽しめました。ご一緒してくれた皆さん。ありがとうございました。

同行者さんのブログ