luminAID ルミンエイド

山道具

楽天のポイントがそこそこ貯まってたんで前から欲しかったけど在庫切れで買えなかった。luminAID(ルミンエイド)が入荷したんでポチってみた。ようするにコレはLEDライトなんですが・・・

このモデルは7月に仕様が変わったモデルになります。旧モデルでのレポではありません。旧モデルと7月から変わった新しいモデルとの大きな違いは素材がPVC→TPUと変更されました。購入時には素材のところを注意しましょう。

球にも重量にも優しいソーラー充電式ランタン。それに今まで見たことのないデザインのLEDライト。膨らませて光を拡散させ柔らかい光を放つ。災害時にはモチロンのこと僕的にはやっぱテント内で使うことが目的。LEDの白色がイヤな人もいますが僕は白色LEDは結構好きな方です。

畳んだ時の大きさをiPhone5と比較。 iPhone5とそれ程大きさは変わらない。

★仕様★

  • 重量:85g
  • サイズ:畳んだ状態では縦13㎝×横8㎝×厚さ1.5㎝  膨らませる前では縦32㎝×横22㎝×厚さ0.6cm
  • ソーラーパネル:高出力ソーラーパネル5V
  • LED:白色LED(視野角120°)×1個 赤色LED(充電表示用)×1個 *LEDの交換は出来ません。
  • 電池:リチウムイオンポリマー電池 3.7V 850mAh
  • 充電回数:約500回 過充電防止機能搭載
  • フル充電時間:ソーラーパネルを直射日光に当てて7時間
  • 防水仕様:IPX7相当

ひろげて膨らませる前の大きさ。

ふぅ~と2回くらい吹き込めばパンパンに膨らむ。

膨らんだ状態。ちょうど枕にもいい感じの大きさだ。肌触りはシリコンに似たような感触。説明書の記載では素材はTPUと書いてある。初めて聞く名前の素材だな。尖がった物に対して強度が強い素材と書いてある。イイね♬

写真では照射面が上になっている状態。扉を閉めれば真っ暗になる脱衣所で点灯。思ったより明るくてテント内なら十分な明るさだ!

ただ直射日光で充電するわけだが紫外線による本体の劣化がどんなもんなんだろうか・・・LEDが交換出来ないので消耗品と言えば消耗品なんだが電池の寿命まで本体が持てばいいんだけどね。

IPX7相当の防水仕様なのでこの程度はモチロン大丈夫。水に浮かばせて使う事も出来る。

付属の説明書1枚。表は各部の名称や仕様書となっている。裏は明るさと点灯時間の目安・注意点・保証書となっている。明るさと点灯時間の目安はLOWだと15ルーメン 14時間点灯 HIGH 30ルーメン 8時間点灯

OFFの時は3ヶ月充電保持が可能と書いてある。明るさはLOW・HIGHの2段階。適切な温度は最高70℃、最低-40℃でご使用くださいと記載がある。コレだけの温度内なら四季を通して日本国内どこでも使えることになる。僕が行く山域だとかなり冷え込んでも-20℃もいかないだろうから十分オーバースペックだ。

それならちゃんと試験をしてみよう!我が家の最高級東芝製冷蔵庫(9年落ちそろそろヤバイ)の冷凍庫-21℃にブチ込んでやった。ブチ込むこと7時間・・・ちゃんと膨らませて動作するんかいな。

冷凍庫から取り出すとソーラーパネルの部分は少し凍っている。開くときにバリバリと破れたら怖いなと思いつつご開帳。ハンガーループのところにカナビラをつけていますがあまり信用出来ません。ペラペラなので根元がすぐに取れそうな感じなのでカナビラをつけてザックに取り付けると落としてしまいそうで怖い。

まったくなんの心配もいらなかった。シリコンに良く似た素材は凍らせた後もとなんら変わらない柔らかさを保っていた。

エアー注入口も凍らずこちらもまったく心配なし。さすが最低使用温度-40℃!!!-21℃なんてまったくもって余裕だ。コイツにしたらほんのあいさつ程度な温度なのかもしれない。

膨らませることもまったく心配無用だ。で、ちゃんと点灯するのか?こちらもアッサリ点灯! LOW・HIGHもちゃんと切り替わる。最近は山にも行かずこんなモンばっかり買うてからに。早くテント泊で使ってみたい。